東京ベイエリアの夜景をシェ松尾でリザーブ

400坪もあるフロアに、ピアノの音色が響く大人のためのダイニング。
天井までの大きな窓にベイエリアの光が反射するシェ松尾は、さまざま目的で利用できる「クラブハウス的空間」をコンセプトにしており、フランス料理、寿司割烹、バーラウンジが複合している。
窓から東京ベイエリアのイルミネーションを間近に望むロマンチックな席が、今宵のリザーブシートがおすすめ。
ビルの最上階2フロアが吹き抜けになった空間は開放的で、心を和ませ、ハッピーにしてくれます。
照明を落とし、きらめく夜景が際立つ空間で、夢のような一夜をお過ごしださい。

シェ松尾の楽しみ方
店内にはフレスコ画が描かれた欧風インテリアのダイニングで上質なフレンチを味わおう。
食後は、東京湾を一望できるバーラウンジで長い夜のひとときを満喫したい。

シェ特製ディナーコースは高級食材を惜しげなく使い、盛り付けや色彩のコントラストを究めたひと皿ひと皿は、しばらく鑑賞してからナイフを入れたいアートのような美しさ。
前菜2皿、メイン2皿、デザートからなるフレンチのフルコースを目と舌で堪能して。

【ピックアップ口コミ】

31歳 女性
歴史ある洋館で頂く贅沢な時間
こちらはつれあいと訪問しました。
頂いたのは、二万円のコースで、ワインは食前酒のシャンパンと、赤ワインをボトルでお願いしました。
前菜は安納芋の冷静スープ、サーモンとマスの子、生ハムのピンチョスです。安納芋の甘さが染みます。
お野菜のアンチョビソース。贅沢なバーニャカウダのよう。
彩りが楽しいです。
そして、黒アワビとサフランリゾット。鮑は柔らかく火が通されて、サフランリゾットもアルデンテ。美味しい。
フォアグラと聖護院大根。フォアグラがトロトロ、大根はスープがジュワッと。幸せ〜。
その他にもいろいろ頂いて、最後はチーズとデザートを頂いて、ゆったりと過ごしました。
店員さんも、かしこまりすぎず、気さくです。またぜひ再訪したいです。
32歳 女性
非日常空間で頂く王道フレンチ
平日のランチタイムに4名で訪問。オープンテーブルでネット予約できるので便利です。最近青山サロンが某テレビ番組で取り上げられたそうです。
<雰囲気>
お店は高級住宅街である松濤のど真ん中にある一軒家レストラン。専用駐車場が2台だけあります。とても趣のある洋館。
元々は大正時代にイギリスの建築家が建てた私邸というだけあって、外観・内装ともにまさに本物。ウェイティングスペースからして、とても味わい深い雰囲気です。

■所在地:東京都品川区東品川 2-2-8スフィアタワー天王洲27F
■電話:03-5783-2411
■交通:東京モノレール線「天王洲アイル駅」より中央口3分りんかい線「天王洲アイル駅」より徒歩5分
■営業時間:ディナー18:00~23:00(20:30LO)
日曜休み


関連記事


キーワード