東京タワーの1階大展望台から見る夜景

空気が澄んでいる1月・2月は、年間を通して展望がもっともオススメで、しかも展望台は比較的すいています。
特にオープン直後の朝9時~11時頃にお越し頂ければ、富士山や房総・三浦の両半島、筑波山まではっきりと見ることができます。

ここ数年、東京の景色は大きく変化しています。
東京タワーは山の手線のほぼ中央に位置し、今の東京を最も身近に感じる事ができる展望台なのです。
汐留や六本木、丸の内や新宿の高層ビル群と、開発が進む東京湾周辺。
そして皇居、日比谷公園、芝公園、青山墓地、赤坂御所、新宿御苑、明治神宮・・・などなど。
意外と緑が多いのも東京の特徴です。


ぐるり360度。
どこよりも東京を感じる事ができる展望台。
この時期の東京タワー、ぜひ遊びにいらして下さい。
オススメです!


東京タワーの大展望台1階には展望カフェ「カフェ ラ・トゥール」やClub333特設ステージがあります。
ゆっくりとお茶でもしながら、ステージの生演奏やDJに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。


展望台からの風景
今と昔の写真を比べてみることができます。


展望台からの風景
昭和33年の開業以来、自立鉄塔として世界一の高さを誇る東京タワー
開業から現在に至るまで、周辺環境は目まぐるしく変化してきました。
東京タワーが変わる事なく見守ってきた、展望台からの風景、昔と現在とちょっと見比べてみませんか?


関連記事


キーワード